上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

【Blender入門】0.制作の流れ 

3DCGの制作はかなりざっくりですが以下のような流れで行います。

1.モデリング
2.マテリアル設定
3.ライティング、カメラ設定
4.レンダリング

1.モデリング
モデリングは名前の通り、3Dの「モデル」をつくる作業です。
モデルは基本的に三角形もしくは四角形の集合で作られる「メッシュ」と呼ばれる図形です。

三角形、四角形の面は複数の頂点と辺から構成される訳ですが、
その頂点、辺、面を動かしたり、回転したり、拡大縮小したり、追加したりしてモデルを形作っていきます。
bg_outline01.jpg

Tips
最新版のblenderは三角形、四角形だけでなく、五角形以上の面も扱えます。
詳しくは「BMesh概要」を見てください。


2.マテリアル設定
マテリアルとは「材料、物質」といった意味ですが、その意味の通り、作ったモデルの材質を設定します。
材質の設定では、モデルの色、光沢、透明度、反射率などいろいろな設定を行います。
bg_outline02.jpg

3.ライティング、カメラ設定
モデルを作り、材質の設定ができれば、次に撮影のためのシーン作りです。
実際にモノをカメラで撮るように、モデルの周りに「光源」を配置し、どこからカメラで撮影するか決定します。
bg_outline03.jpg

4.レンダリング
レンダリングでは、コンピュータが今までの設定を基に計算し、絵を出力します。
レンダリングエンジンの種類やレンダリング設定、シーンの複雑さによってかかる時間は数秒から数十時間の差があります。
bg_outline04.jpg

Blenderには昔から搭載されている内部レンダラーと最近実装された物理ベースのCyclesというレンダラーの二つが入っています。この入門チュートリアルでは内部レンダラーを使っていきます。


次の入門チュートリアル「1.画面構成」
関連記事
関連するタグ Blender 初心者向け 2.65 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SilverspireCG

Author:SilverspireCG

最新記事
カテゴリ
【全記事一覧】

スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサードリンク
タグ一覧と検索
【全記事一覧】

LINEスタンプ発売中
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
累計訪問者人数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。