上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

クロマキー合成02

使用ソフト:Blender 2.63

クロマキー合成01の続きです。
人物輪郭のシャギーを緩和します。
chromakey01.jpeg

chromakey02.jpg
ノードの全体図を再掲します。
今回は下の図の部分のノードを使い、人物の輪郭をぼかします。

【3.輪郭ぼかし】
chromakey05.jpg
まず、前チュートリアルで作った透明度画像を二つのノードA「Dilate/Erode」に繋ぎます。
「Dilate/Erode」ノードは値が正の場合に白領域を値ピクセル分増やす拡大(Dilate)操作を、
負の場合には白領域を値ピクセル分減らす縮小(Erode)操作を行います。

透明度画像の白部分つまり人物部分領域を、拡大したものと縮小したものの差分をとる(ノードC)ことで、
人物部分の輪郭領域を求めます。
ここではDilateを3、Erodeを-2に設定しました。この値の差が求める輪郭の太さになります。
求めた領域は下画像の白部分です。
chromakey_brightcontrast2.jpg

人物輪郭領域をのコントラストを調整し(ノードD)、ノードE「Blur」のsize入力に繋げます。
「Blur」ノードのぼかし具合は、size入力の値0~1で割合を決定できます。
白=1、黒=0であるので、入力が白いほどぼけます。

これで人物の輪郭をぼかし、シャギーを減らすことができます。
結果画像は下の通りです。

上:輪郭ぼかし無、下:輪郭ぼかし有
chromakey_withoutBlur.jpg
chromakey01b.jpg


以上クロマキー合成のチュートリアルでした。
関連記事
関連するタグ Blender 2.63 クロマキー グリーンバック ブルーバック 

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました!

Re: タイトルなし

> 待ってました!

ありがとうございます(^^)
プロフィール

SilverspireCG

Author:SilverspireCG

最新記事
カテゴリ
【全記事一覧】

スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサードリンク
タグ一覧と検索
【全記事一覧】

LINEスタンプ発売中
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
累計訪問者人数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。