上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

トゥーンレンダリング

使用ソフト:Blender2.61

Blenderレンダラーでトゥーンレンダリング(Toon rendering)をする方法を説明します。
トゥーンレンダリングとはアニメやマンガ、イラストのようなイメージをレンダリングすることを言います。
Toon_Mat_noSmooth_size1_2.png
トゥーンレンダリングをするには次の二つを行います。
エッジ(境界線)を描写
・陰影の二階調化


【1.エッジの描写】

まず「Properties」エディターの「Render」タブ内、「Post Processing」パネルを見ます。
Toon_rendering01.jpg
その中の「Edge」にチェックを入れることで境界線が描写できるようになります。「Threshold」で境界線の描写具合を調節できます。その下のボックスで線の色を変えられます。

Thresholdが左から順に、10、100、255
Toon_high_res_10.pngToon_high_res_100.pngToon_high_res_255.png

オブジェクトのメッシュが粗いとあらぬ部分までエッジが描かれ残念になるので、
Subdivision Surfaceモディファイアなどでメッシュは細かくしていた方がいいです。

左:粗いメッシュ、右:細かいメッシュ
Toon_low_res.pngToon_high_res_255.png


【2.陰影の二階調化】

「Properties」エディターの「Material」タブ内で設定します。
Toon_rendering02.jpg

「Diffuse」、「Specular」パネル内の「Diffuse Shader Model」(上図赤丸の部分)をどちらも「Toon」に変更します。

・赤下線の「Smooth」で二階調の境界のグラデーションを設定できます。(これは0にしていた方がイラストっぽいです)
・Diffuseの「Size」で陰影の位置を変更できます。
・Specularの「Size」でハイライトの大きさを変更できます。

DiffuseのSizeが左から順に、1.0、1.1、1.2
Toon_Mat_noSmooth_size1_0.pngToon_Mat_noSmooth_size1_1.pngToon_Mat_noSmooth_size1_2.png



関連記事
関連するタグ Blender 2.61 トゥーンレンダリング toon エッジ 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SilverspireCG

Author:SilverspireCG

最新記事
カテゴリ
【全記事一覧】

スポンサードリンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサードリンク
タグ一覧と検索
【全記事一覧】

LINEスタンプ発売中
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
累計訪問者人数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。